読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害を学ぶ!~頑張る子育てママBlog~

多くの子供は、どこか少しは発達障害的な部分があるもの!だから、ポジティブに情報を集めています。

どうしてADHDになるのでしょうか?

遺伝子、脳の形や働きが原因の一つと考えられています。

ADHAのなりやすさには、ドーパミンのやりとりに関するたんぱく質を規定する遺伝子により決まっていることが、研究により分かってきているようです。また遺伝的な要因に加えて、妊娠中の母親の喫煙により生まれてくる子供がADHDになる確立が高くなるというデータもあります。

 ==発達障害の記事★ご紹介

・flashカードにはどんな効果があるの?

⇒子供の右脳を刺激して、記憶力、集中力を高める効果があるとされています。
0歳児flashカード

・幼児期によく動く子供は多動性障害ってホント?

⇒様々な症例があるため、見極めることは非常に難しいと言われています。
幼児期多動性障害

最後に・・
最近のADHDの研究では、脳の細かな形態を調べたり、神経の束に変性がないかを調べる技術が進歩してきました。また、脳の働きに関する調査の結果、前頭前野や前部帯状回、脳梁、線条体、小脳などの容積が小さかったり、活動性が低かったなどの原因も報告されているようです。

Blog抜粋→軽度発達障害の特徴って?・・