読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害を学ぶ!~頑張る子育てママBlog~

多くの子供は、どこか少しは発達障害的な部分があるもの!だから、ポジティブに情報を集めています。

発達障害の症状ってどんなものがありますか?

年齢や環境によって違いがありますが、中核症状の他に二次的問題があります。

広汎性発達障害の子供にとって、今問題になっている行動や症状が、どこのカテゴリーに属しているのかキチンと把握しておくことが重要なようです。具体的には対人関係の障害、コミュニケーションの障害、特定のものに対するこだわりが強すぎる、などがあるとか。

 ==発達障害の記事★ご紹介

・乳幼児の子供の発達で注意すべきことって?

集団で生活できるよう訓練をしておくことが重要だと言われています。

http://zero-method.com/(乳幼児発達障害

・周りの乳幼児より言葉の発達が遅い?

個人差が大きいため、あくまでも目安と考えられています。

http://zero-method.com/(乳幼児言語発達

最後に・・
広汎性発達障害の子供にとって問題となってくるのが、二次的にもたらされた行動上の問題です。発達障害の子どもは、一度記憶したことを中々忘れないため、一度嫌な体験をしたら、同じようなことがあるとフラッシュバックを起こし、日常生活に支障が出るのだそうです。そうならない為にも、今ある障害がどのカテゴリーに属するのか、性格に把握しておくことが大切ですね。

Blog抜粋→飽きっぽい、退屈に耐えられないのは発達障害?